ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.10.24


オズワルド オリヴェイラ監督 鳥栖戦試合後会見

  •  

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 vsサガン鳥栖 試合後のコメント

「前半はとても良かったと思います。決定機をたくさん作り、その中で2得点を挙げることができました。後半は決定機を作ったものの、得点につなげることができませんでした。前半のうちに2-0とリードできたことが一つ、先週末の試合の勝敗がもう一つの理由だったと思います。後半、少し勢いが減ってしまったのは、そういった理由からかもしれません。そこで、点を取ることができませんでした。しかし全体的には高いパフォーマンスを見せることができたと思います」

[質疑応答]
(柴戸選手が出場するまで、攻撃にもスピードがないように感じたが、疲労もある中でハーフタイムの指示は?)
「相手も戦う姿勢で挑んできましたので、そこで私たちのプレーが制限されていたこともあると思います。相手が形を崩さず強いマークをしてくる中で、前半に2得点できたことに満足をしています。リードしているからといって力を抜くのではなく、自分たちのパターンを崩さずに同じように続けることをハームタイムに求めました。ただ、相手の選手が一人、二人減り、選手の疲れもある中で、どうしてもゆるくなってしまった部分もあると思います」

(柴戸選手に関しては? また、マルティノス選手を左ウイングバックで起用したが、彼は走ればもっと良くなる選手だと思う。そういった意図が起用にあったと思うが?)
「今、彼を説得中です。私たちの戦い方を考えると、彼の特長であるスピード、パス、ドリブルを持っている選手ですから、あとはマークや守備の部分を向上させ、加えてポジショニングを学べば、彼は通用する力を持っています。将来的に彼がそのポジションで必要であれば、ということを考えて入れました。菊池がケガをして、橋岡、荻原が代表に呼ばれることが多いので、必要であれば彼にそのポジションでプレーをしてもらえるように学んでもらいたいと思っているところです。柴戸に関しては、成熟の過程にある若い選手です。非常に高い質、能力を持っており、いいプレーができる選手です。さらに、若さからくる燃えるものを持っていますので、複数のポジションで使える選手です。柴戸だけではなく、荻原もそうですが、このように経験を与えることで彼らが成長し、成熟していくことを求めています。そうすれば将来、より必要になったときに、より頻繁に、より長く彼らが戦ってくれると思います」

(8月の対戦時には無得点だったが、当時と比べてサイドだけではなく中央も使って攻撃をしていたように見えた。そのあたりは、練習から意識付けをしてきたのか?)
「そうですね。前回の対戦は、得点を決めていますが認められなかっただけです。レフェリーは得点ではないという判断でしたので、記録には残っていません。でも得点は取っていますし、当時と比べると成長していると思います。ただ、鳥栖も非常に良くなっていますし、仙台戦も良かったです。今日も、いい姿勢で戦っていたと思います。良くなった鳥栖に対して、いいプレーができたことは、レッズの成長を裏付けるものです」

(一発勝負でポジティブな結果が出たことで、残りのリーグ戦にもいい影響があると思うが?)
「そうなると思います。本日、このカップ戦で一歩前に出ることができました。少なくとも、あと1試合、もしくは2試合戦えるかもしれません。12月1日に終わっていたかもしれない今シーズンが、12月16日まで伸びましたし、それが12月24日まで伸びるかもしれません。チームの今後の成熟を考えると、非常に重要な期間だと思います。練習の日数が増え、同時に本気の戦いの場が増えることは、チームの成長につながります。私たちにとって非常に重要なことです。私が来日したのが4月20日でシーズンが始まっていました。ですから、シーズン末になりますが、チームとして活動する時間が長ければ長いほど、良いと思います」

(ぜひ決勝までお願いします)
「そのとおりにします」

(前節の鹿島戦の前半はすばらしい内容だったが、あのパフォーマンスを常に続けることは難しいのか?)
「鹿島戦と比較すると、1段階パフォーマンスが低かったかもしれません。ただ、悪いパフォーマンスではなく、前半でもいいプレーを見せ、得点につなげています。2試合だけですが、連戦だったことも影響しています。少ない日数の中で、できるだけ選手を回復させることに努めました。3日前からホテル泊をさせましたが、そのことによって選手の回復を促進させるように、メディカルスタッフと24時間いつでも接することができる環境にしました。シーズンの終盤に鹿島のようなタフで緊張感の高い試合を戦った後でしたから、鹿島戦と比較すると、少しパフォーマンスが低下しても自然だと思いますし、低下したといっても悪いものではありませんでした」

(鹿島の試合結果は知っているのか?)
「3-3で決勝進出ですね。みんなにおめでとうと送っています(笑)」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 鳥栖戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!